化粧品は手でつける?それともコットン?

化粧品をつける際にコットンを使う人もいれば、素手でつけてしまう人もいます。

正しく化粧品は手でつける?それともコットン?と悩んでしまうところですが、
何となく手でつけるとなると化粧品の中に含まれている美容成分を皮膚に吸収されそうで、
コットンの方が良いと思う人もたくさんいるでしょう。

しかし、コットンの場合はどんなに上質な繊維でできているものでも、使い続けていくうちに
表皮を傷つけてしまうこともあるそうです。
ですから、手で肌をやさしく包み込むように化粧品をつけるのが一番効果的だと思いますし、
もっともなじみやすくなっています。
強く上から叩くようにして化粧水をつけるのは肌に刺激を伝えてしまうだけで、
角質を傷つけることになるので、やさしく包みこむようにすることが大切です。

乾燥肌になりがちな時期は特に優しく化粧水をつけることが大切なので、そこは十分に注意してください。

手でやさしく化粧水をつけていけば、肌のすみずみにまで栄養が行き届きますので、
キレイな肌になってくれるでしょう。

タグ

2013年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 化粧品 化粧品のつけ方 化粧品のつけ方

W洗顔する際の注意点

普段からメイクをする人によっては、W洗顔はスキンケアの基本。洗顔は肌を自然な状態、生まれたままの状態に戻してくれるので、美肌とは深い関係性があるんです。W洗顔は、単純に洗顔を2回するわけではありませんよ。W洗顔の基本、1回目は、クレンジング剤でメイクを落とす。2回目は、洗顔料での洗顔。これがW洗顔です。ファンデーションやマスカラなどのメイク用品は、油分を多く含んでいるので洗顔料だけ落とすことが出来ません。その為、メイクはしっかりクレンジング剤で落とします。そして、クレンジング剤の洗い残し、古い角質や余分な皮脂を洗顔料で洗い流します。素肌に戻る為には欠かせないW洗顔ですが、肌に負担がかかりやすいので、W洗顔は正しい方法でおこないましょう。メイクは、最初にポイントメイクをコットンなどで落としておき、顔全体にクレンジング剤をなじませる前に、両手でしっかり温めておくのがポイントです。少し温めるだけで、肌になじみやすくなるので、負担が軽減されますよ。クレンジングも洗顔も肌を擦らないように注意しましょう。

タグ

2012年12月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア

美肌・素肌美人を目指す正しいスキンケアとは?

化粧品コーナーには、化粧品があふれかえっていて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
スキンケアの原則を分かっていれば、美肌にいい、正しいスキンケアができます♪
 
【クレンジング 】
スキンケアの基本は、肌の汚れを落とすこと、と言われるくらい、クレンジングは大切です。
 
ただ、メイク落としは、石けんや洗顔料よりも洗浄力が強いので、
肌にふれる時間が長いほど、肌にダメージを与えてしまいます。
 
すすぎまで含めて、1分以内を目標に、素早く済ませるのがいいそうですよ。
 
汚れを落とそうとしてゴシゴシこするのは、NGです!
角質に傷がついて、肌荒れ、シミ・シワなどの肌老化を早める原因になりますから要注意。
 
【洗顔】
メイクをしたら、面倒でもクレンジングと洗顔の両方をする必要があります。
クレンジング料で油性の汚れを、洗顔料で水性の汚れを落とすからなんです。 
 
肌をこすらずになじませていくためには、洗顔料をたっぷり泡立ててのがポイントです。
もちろん、ゴシゴシこするのはタブーですよ。
 
洗い残しは、肌荒れの原因になるので、しっかり洗い流します。
 
【化粧水】
洗顔後、時間が経てば経つほど、化粧水の肌への浸透率は低下してしまいます。
なので、できるだけ早めにつけることが、大事です。
 
また、肌になじみやすくするため、手はお湯につけたり、布団のなかに入れたりして
温めておくといいですよ。
 
化粧水の量は、表記を参考にしますが、はじめに顔全体、それから細かいところと、
目安量を2、3回に分けると浸透が早く、効果的ですよ。
 
【乳液】
顔全体になじませた後、中指と薬指を使って、さらになじませますが、
なじませる方向がコツです。
 
顔の内側から外側へ、下から上へ、鼻だけは上から下へとなじませます。
仕上げに、目のまわりとフェースラインを軽く指で押すと効果的です。
 
【美容液】
成分を浸透させるため、手で美容液をあたためてから、リズミカルにタッピングします。
目じりなど気になる部分には、そっと指を置くぐらいの力で押さえます。
 
すりこんだり、皮膚を強くひっぱりあげると、肌を傷つけてしまうのでNGです。
 
 

タグ

2012年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ