シミの種類に気を付ける

シミと言っても、正式に診断すると様々なものがあります。

そばかすのようなものから、肝斑、炎症ややけどの跡による色素沈着など、その原因も症状も異なれば、それに合った対策をしないといけませんね。

自分のシミの種類について、意識したことはあるでしょうか?

ただのシミとして捉えていると、何となくの対策では治りが悪かったり、症状を悪化させてしまいかねません。

色や濃さ、大きさなどを、よく観察してみてください。

美白化粧品を使ってさえいれば治るわけではありません。

ちゃんとレーザー治療を受けなければならないほどの状態のシミかもしれないのです。

自分のシミの原因に思い当たらなければ、皮膚科で正確な診断をしてもらうのも重要だと思います。

たかがシミくらいで、と面倒がらずに、正しい原因を知って正しい治療法を選びたいですね。

タグ

2014年5月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シミ

美白化粧品でシミは消える?

20代後半にもなるとシミができやすくなるので、そのせいで肌がキレイには
見られなかったりします。

では、どうしたらシミはなくなるのか?美白化粧品でシミは消える?
と考えてしまう人もいるでしょう。

実は美白化粧品を使えば、誰もがシミが消えるというわけではありません。
誰かが、この美白化粧品を使うようになってシミがなくなったからと言っても
自分の場合は効果が実感できなかったりすることもあります。
また、シミが消えると口コミでウワサの人気のある美白化粧品を使ったからと言っても、
自分には肌変化が起きなかったりします。

ですから、どんなに優れた美白化粧品でも自分の肌に合わないこともあるのです。

そんな人にはぜひ、自分と同じような肌の体質の人を探してください。

敏感肌の人であれば、そういった人を探し、乾燥肌の人であれば、乾燥肌の人を
探してみてください。
そして、その人が使って効果の出たという美白化粧品があると言えば、それを使ってみてください。
その方がシミも消える確立は高くなるでしょうし、購入して失敗することも少ないと思います。

タグ

2013年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シミ 化粧品 美白 美白化粧品 美白化粧品

美白化粧品の選ぶ基準は?

これからのシーズン、空気も乾燥していき、湿度も低くなりやすいので
乾燥肌になってしまう人もいるでしょう。

そういった場合には美白化粧品の選ぶ基準は?
というと、自分の求めている肌によって変わってきます。

しっとりとした肌を手にいれたい人ならば、そういった成分が配合されているものを
使うべきでしょう。
また、さっぱりとした肌を手にいれたい人も同様に、そういった成分が配合されているものを
使うべきです。

他にもシミやそばかすを消してくれるもの、乾燥肌を和らげてくれるものなどいろいろ
ありますので、自分がどういった肌にしたいのか、それが重要になってきます。。
もちろん、中には美白化粧品の有名ブランドで選ばれる人もいるでしょう。

そして何よりも選ぶ際に大切になってくるところは、化粧品のラベルのところに
医薬部外品と書かれているかどうかです。
この文字があるということは肌に悪影響があるチロシンという有刺層まで届きますという
意味なので美白の肌により近づけるということです。

ですから、美白化粧品を選ぶ際には、ぜひ、この文字を確認してください。

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:化粧品 美白 美白化粧品

このページの先頭へ