自分の肌タイプ診断

化粧品などを使うとなると、まずは自分の肌がどんな状態なのかを知る必要があります。

しかし、エステなどに行くのはお金がかかるし、化粧品のコーナーに行って、
調べてもらうのは緊張してしまいます。

そんな人のために家庭で簡単に自分の肌タイプ診断ができます。

まず初めに毎日している洗顔の方法でしっかりと洗います。
そして、タオルで優しく、しっかりと水分を取ってあげましょう。
その後、いつも通りに化粧水などをつけたりせず、しばらく置いてください。
大体、5分から10分ぐらい置くのがベストです。
それから時間がたちましたら、自分の肌をよく見てください。

顔の目元や口元、ホホのあたりにつっぱりを感じられたら、その場合は乾燥肌になります。
そして、顔全体につっぱりもあり、Tゾーンあたりにあぶらっぽさがありましたら、混合肌になります。
また、顔全体につっぱりがなく、Tゾーンにあぶらっぽさがありましたら脂性肌となります。

このように簡単な方法で自分の肌タイプを診断できますので、ご家庭でも試してみてください。

タグ

2013年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自分の肌タイプ診断

化粧水の選び方間違っていませんか?

洗顔後に肌を整えるのに必要になってくるのが化粧水です。
しかし、そんな化粧水の選び方間違っていませんか?
 
化粧水選びにも選ぶ際に把握しておくところがあります。まず、化粧水にはさっぱりタイプや、しっとりとしたタイプがありますので、自分の肌のタイプを知っておく必要があります。自分の肌がさっぱりしているのに、化粧水でもさっぱりしているタイプのものを使い、付ける量も多いと肌が乾燥してしまうこともあります。
 
それに美容に良いとされる成分がたくさん配合されているからと、使っていると逆に肌に刺激を与えてしまうこともあります。ですから、肌にあまり刺激を与えないようにシンプルな成分が配合されている化粧水を選びましょう。
 
そうすれば、肌が荒れることもありませんし、ベタベタしたような肌になったりすることもありません。
 
化粧水選びを失敗すると、湿疹ができてしまったりしますので、慎重に選ぶことが大切です。
 

タグ

2013年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:化粧水の選び方

お肌は内側と外側両方のケアが大事

お肌のケアをすることは大切なことですが、中には外側のケアしかしない人もいます。
しかし、それでは本当のケアにはなりませんのでお肌は内側と外側両方のケアが大事です。
 
まずは外側のケアですが、この場合はメイクを落としたり、洗顔をしたり、化粧水や乳液などを塗っていきます。皮脂汚れを取り除いたり、保湿をしたり、角質層に浸透させたりすることにより、肌をケアしていくことです。これをすることは肌にとって非常に重要なことなので、普段からしっかりとケアをしていかなければなりません。
 
そして、内側のケアですがこれは体の内側から肌のコンディションを整えていくことになり、また肌を作っていくためには必要な土台作りになっていきます。ですから、新しい肌を作っていくための準備になりますので、ビタミンCが多く含まれた食べ物を食べ、サプリメントなどを服用するのが大切になってきます。
 
お肌をケアするには内側と外側の両方からすることが大切です。

タグ

2013年1月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア

このページの先頭へ