ニキビと生理サイクルの関係は?

生理前にニキビが増える、ニキビが悪化してしまうということを
経験した人は少なくないはずです。
 
生理前にニキビができやすいのは、ホルモンの変動と関係があります。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つのホルモンの量が、
生理サイクルと共に変動しています。
 
生理前には、黄体ホルモンの分泌量が増えますが、
この黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働きをするものです。
 
この皮脂分泌を活発化させるホルモンが増えることで、
ニキビができやすくなってしまうんです。
 
≪生理前のニキビ予防≫
 
1.食生活や生活習慣の改善
 
お肌が正常に働いていると、生理前にもニキビはできにくくなります。
 
体内のバランスの崩れのしわ寄せが、お肌に出てしまうことが多いので、
バランスを崩してしまっている体の状態を整えることが、とても大切です。
 
食生活や生活習慣を改善させることで、肌が正常な働きを取り戻して、
生理前の肌トラブルを起こさないように防ぐことができます。
 
ビタミンB2や抗酸化作用のあるビタミンC,Eを取るようにします。
 
生理前は食欲が増したり、甘いものや脂っこい物を食べたくなりますが、
糖分の取り過ぎは、ニキビや肌荒れにつながるので、ほどほどに!
 
2.ストレス対策
 
過度のストレスは、ホルモンバランスを乱す要因になります。
十分な睡眠や適度な運動などを心がけて、ストレスを
溜めないようにするのも大切です。
 
3.保湿重視のスキンケア
 
皮脂分泌量が活発化する生理前は、毛穴が詰まりやすく、
肌の抵抗力も弱まります。
それで、まず、クレンジングと洗顔で毛穴のつまりを解消します。
ですが、皮脂をとりすぎるのもよくありません。
 
肌を乾燥させてしまうと、角質がかたくなって毛穴につまりやすくなったり、
バリア機能を低下させて肌荒れやニキビを招いてしまいますので、
過剰な洗顔は逆効果です。
 
洗顔は、1日に朝晩2回、ぬるま湯でやさしく洗います。
 
また、洗顔後の保湿も重要です。
保湿された潤いたっぷりの肌は、過剰に皮脂分泌せず、
角質が毛穴を塞ぐこともありません。
 
洗顔後の、油分のない肌はどんどん水分が蒸発していきます。
洗顔後すぐに、化粧水で水分を補ってあげることが大切です。

タグ

2012年11月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニキビ

このページの先頭へ