エアコンが肌を傷める原因?

夏の季節は暑さゆえにエアコンがなくては快適に過ごせなくなってきています。
ですが、このエアコンが肌を傷める原因になっていることを知っていますか?
 
肌にうるおいを持続させるために必要な湿度が70パーセントから80パーセントほどないといけないそうです。
しかし、エアコンを使うことにより、その湿度が低くなってしまっているというのが現実。
エアコンを使うということは、肌を乾燥させる原因になっています。
肌の水分が減ってしまうと肌トラブルも起きてしまい、くすみができやすくなったり、シミもできやすくなってしまいます。
 
なるべく、エアコンを長時間つけることは避け、またしっかりと水分補給をし、保湿成分の高い化粧品を使って、スキンケアをすることが大切になってきます。
そうすれば、エアコンによる肌の乾燥から守れますし、水分補給などをしたり、肌ミストなどを定期的にかけることにより、うるおい成分を補充させれば、肌トラブルなども未然に防げるでしょう。

タグ

2013年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エアコン

このページの先頭へ