肌荒れとストレス発散色々


ルーティンワークが続いたり、疲労がたまってくると何かで発散しなければストレスで参りそうになります。肌荒れにもよくないですね。
ストレス発散とはいっても外でできることは限られているので、目立たないように仮眠をとったり、持ち込んだお菓子を食べたりすることで気を紛らわせています。
トイレに立つついでにその辺を歩き回ってみたり、上半身を軽くストレッチをするのもなかなか良い方法です。
電車にいるときや家でくつろいでいるときには、気分転換のためにスマホゲームに手が伸びてしまうときもよくあり、これも結構ストレス解消になってはいると思います。慣れてくるとながらでできるのもいいですね。
ですが、気軽に始めたつもりが熱中するとかえって疲れてしまうし、あっという間に時間が過ぎていきます。スマホゲームのアイコンは目立たないところに配置するなどの対策で誘惑と闘っています。

タグ

2015年5月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肌荒れの原因

肌荒れに悪いシャワーの習慣

夏には思い切り頭や顔からシャワーを浴びたいと気がありますが、あまり水圧の強すぎるシャワーだと、肌荒れの原因になってしまいますので気を付けたいところです。

シャワーの勢いのある水を直接顔に浴びるのは、蒸し暑い夏には非常に気持ちのいい体験ですが、肌の事を考えるとそんなに楽しんでもいられませんね。そのほうが毛穴の汚れまでよく落ちそうな気もしますが、そのせいで開きすぎになってしまう恐れもあります。

ひどい場合には水圧によって皮膚が垂れてしまうときもありますから恐ろしいものです。

シャワーの水温も高すぎないように気を付けていないと、顔には直接浴びていなくても知らず知らずのうちに肌に負担をかけているかもしれません。熱いお湯でシャワーは特に冬にやってしまいがちです。

どんなに寒くても、頭からシャワーを浴びるときには水温の上限は約30度くらいに設定しておくのをおすすめします。

タグ

2014年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:毛穴 肌荒れの原因

エアコンが肌を傷める原因?

夏の季節は暑さゆえにエアコンがなくては快適に過ごせなくなってきています。
ですが、このエアコンが肌を傷める原因になっていることを知っていますか?
 
肌にうるおいを持続させるために必要な湿度が70パーセントから80パーセントほどないといけないそうです。
しかし、エアコンを使うことにより、その湿度が低くなってしまっているというのが現実。
エアコンを使うということは、肌を乾燥させる原因になっています。
肌の水分が減ってしまうと肌トラブルも起きてしまい、くすみができやすくなったり、シミもできやすくなってしまいます。
 
なるべく、エアコンを長時間つけることは避け、またしっかりと水分補給をし、保湿成分の高い化粧品を使って、スキンケアをすることが大切になってきます。
そうすれば、エアコンによる肌の乾燥から守れますし、水分補給などをしたり、肌ミストなどを定期的にかけることにより、うるおい成分を補充させれば、肌トラブルなども未然に防げるでしょう。

タグ

2013年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エアコン

このページの先頭へ