サプリメント選び

サプリメントを飲み始めようと思っても、種類が多すぎてどれから買うべきかでまず混乱してしまいます。
とりあえず、ビタミンやミネラルを基本にしたほうが良さそうですが、後は自分に必要な成分をどうやって見つけるかが問題ですね。
普段の食事との兼ね合いもあるので、過剰摂取にも慎重になります。
取り敢えず普通に食事をしていて健康でいられるのなら大丈夫で、サプリメントは気休めくらいに考えていたほうが、余計な神経を使ったりストレスをためないので良いと思います。
具体的に、有効成分の量が数値で示されているのはいいのですが、どれだけ必要なのかが分かっていないと数値の大きさだけでは手放しに評価できない部分もあります。
サプリメントが原因になって体調を崩したり病気になったりしては本末転倒なので、飲めばいいというものではないのが難しいところです。

タグ

2015年3月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肌にいい成分

さつまいもとアントシアニン

紫色の食材といえばブルーベリーやブドウみたいに、アントシアニンが多く含まれていて抗酸化作用を中心に、目の健康や肌に良い印象がありますが、それらの食材の一つとしてさつまいもも見逃せません。

これから食べる機会が増えてくるさつまいもですが、料理に使うにしろ焼き芋にしてシンプルに楽しむにしろ、川まで丸ごと使った食べ方の方が、アントシアニンをもっと効果的に摂るためにはおすすめです。

アントシアニンといえばブルーベリーやビルベリーといったイメージですが、季節柄さつまいもからも意識して摂っておきたいですね。

アントシアニンは紫色の成分ですからもちろんさつまいもの皮の部分に最も多く含まれているため、丸ごと食べたほうが効果的なのです。

アンチエイジングとしてもさつまいもは、抗酸化パワーが強いのでお勧めの食材ですよ。
 

タグ

2014年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肌にいい成分 肌にいい食品

ビタ活


夏の不摂生でビタミンが不足してはいないでしょうか。

こんなときこそ、フルーツを沢山食べて、ビタミン類をしっかり補給したいですね。

朝食にフルーツを取り入れて、ビタミンなどを習慣的に摂取するためのビタ活というものが流行しているらしいです。

そういえば、朝のフルーツは金と言われているくらいですから、大勢の人も納得しやすいし実践もしやすいのでしょう。

ただ、果物によっては食べるまでが面倒だったりします。たとえばリンゴやモモなら皮を丁寧に剥いて切らなければならないし、自分だったらすぐに切って食べられるキウイなどがいいですね。グレープフルーツなどの酸っぱい果物も朝からシャキッとしそうでいいですね。

ビタ活に関しても、度の果物が一番すぐれているかという問題ではなく、自分が一番続けやすく食べやすいフルーツを選ぶのが一番だと思います。

タグ

2014年8月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肌にいい成分 肌にいい食品 野菜不足

このページの先頭へ