化粧品は手でつける?それともコットン?

化粧品をつける際にコットンを使う人もいれば、素手でつけてしまう人もいます。

正しく化粧品は手でつける?それともコットン?と悩んでしまうところですが、
何となく手でつけるとなると化粧品の中に含まれている美容成分を皮膚に吸収されそうで、
コットンの方が良いと思う人もたくさんいるでしょう。

しかし、コットンの場合はどんなに上質な繊維でできているものでも、使い続けていくうちに
表皮を傷つけてしまうこともあるそうです。
ですから、手で肌をやさしく包み込むように化粧品をつけるのが一番効果的だと思いますし、
もっともなじみやすくなっています。
強く上から叩くようにして化粧水をつけるのは肌に刺激を伝えてしまうだけで、
角質を傷つけることになるので、やさしく包みこむようにすることが大切です。

乾燥肌になりがちな時期は特に優しく化粧水をつけることが大切なので、そこは十分に注意してください。

手でやさしく化粧水をつけていけば、肌のすみずみにまで栄養が行き届きますので、
キレイな肌になってくれるでしょう。

タグ

2013年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スキンケア 化粧品 化粧品のつけ方 化粧品のつけ方

このページの先頭へ