睡眠と美肌


スキンケアやダイエットを頑張っているつもりでも、努力をしている割には効果が出ないと悩んではいないでしょうか。
そんなときには、さらに時間をかけて努力をするよりもむしろしっかりと心と体を休息させてエネルギーの充電をしたほうが、いい結果が出やすくなるのではないでしょうか。

美肌やダイエットに成功する基本的な条件としてはまず、十分な睡眠がとれているかどうかが問題になります。
睡眠中はお肌が修復されやすくなるという理屈は理解できますが、繰って寝ていれば太ると言われるようにダイエットにはむしろ良くないのでは?と誤解されがちです。

ですが睡眠中の消費カロリーは結構捨てたものではなく、1時間あたり50キロカロリー近くは自然に消費されているのだそうです。
すると、毎日7~8時間近く寝ていれば400キロカロリーは何もしなくても消費できるのでお得な話に聞こえますね。

タグ

2015年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おススメの対策 おススメの対策

レーザートーニング


シミや肝斑の治療としてレーザートーニングという方法が注目されているらしいですね。

レーザー治療といえば、ちょっと痛かったり刺激が強そうという点も気になりますが、レーザートーニングではごく弱い出力で使っているのでそのあたりは特に気になら無さそうだと思います。

医療用レーザー機器が普及している現代では、シミや肝斑の治療への敷居も低くなりましたし、ちょっとしたエステ感覚で体験してみるのも良さそうですね。

自分でシミやくすみ対策をしている間は、もしかしたら皮膚の奥の方にメラニン細胞が蓄積していて、何時か表面に出てくるかもしれないとどこかで不安を抱いてしまっていますが、レーザートーニングでの治療にこまめに通っていれば皮膚の奥のほうまでメラニン色素を負担をかけすぎることなく除去してくれるので安心していられます。

タグ

2014年10月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おススメの対策 シミ

シミの治療


シミ以外にも、大きな肝斑などは、化粧品でも隠し切れないことが多いので、小さく薄いうちに何とかしておきたいです。

一度肝斑ができてしまったら、皮膚科に行ったり、レーザー治療を受けなければならなくなるのでしょうか。

レーザー治療と聞くとヒリヒリして痛くないかどうかと心配になるので、できれば受けたくないです。

肝斑ができやすいかどうかは、体質や遺伝にもよるのかどうか、気になります。

うちの家系を見ていても高齢だと肝斑が目立つ人が結構いるので、ただ年齢によるものなのか、それとも遺伝性なのか不思議に思っています。

もしも遺伝の影響が強いのなら、自分も今のうちに油断しないように対策を始めたいです。

そういえば、シミと肝斑の違いがよく分かっていないので、対策法も違ってくるんでしょうか。もっとよく勉強しておかなければと思いました。

タグ

2014年4月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おススメの対策 シミ

このページの先頭へ